院長ブログ

2018.12.03更新

12月2日にオゾン環境学会、獣医部会主催の研修会が開かれ、参加しました。

流石に、東北ではマイナーな治療法なので、参加人数も極少数の会となりました。鷲巣、清水両先生誠にありがとうございました。

11月に比較統合医療学会に参加できなかったので、最新のオゾン療法の知見が拝聴できてすごく参考になりました。

オゾン療法は究極の抗酸化治療(錆取り)です。適応範囲も多く、比較的安全な治療法ですが、単一ではなかなか効果が難しいのが難点です。

様々な治療と組み合わせることでより効果的な治療成果が出ます。

オゾン水、オゾンクリーム、軟膏、オゾンの経腸注射、皮下、腹腔内注射、少量自己血療法、大量自己血療法にオゾンバブルと多岐多様にオゾンを活用すること事がでます。

難治性の病気や老齢性の病気、ガンや心不全、肝不全、腎不全、糖尿病に椎間板ヘルニアとなんでもござれ。

興味のある方は一度、ご相談下さい。注射治療は急性期は3日に1度。慢性期や頻回治療は週1回の治療を推奨します。

http://www.solomon-ring.com/asset/acf01b2c7606796cce5fda999622e04c50847fa0.jpg

黒板の値は手指の細菌数の推移です。オゾンバブル付着前(11410)と付着後(2192)確実に殺菌されてます。

http://www.solomon-ring.com/asset/IMG_5093.jpg

実技風景(極美の社長さんと当院の院長)

 

 

投稿者: 南原ペットクリニック